• マンツーマンで【所作】を学ぶ。女性のための礼儀作法教室

先日「ノックの回数のマナー」
についてのネット記事を読みました。


2回はトイレノック
3回は親しい人
4回はビジネスや公式の場

しかし就活の面接などでは
4回は多いので、3回が一般的。


…といった感じ内容です。


その記事のコメント欄をみるとほぼ9割以上が


『どうでもいい』
『くだらない』

という意見でした。


それは、そうだろうなと思います(^^)

ノックの回数そのものを気にする人はとても少ない印象です。


”実際に” 回数を気にする人は少ないのに

”一般的に”3回がマナーです、

とか言われてしまうと、
回数が気になってくるのが心理ですね。


・・・


私は、作法やマナーの背景にある
「理由・根拠」を大事にしています。

たとえ一般に広まっている事でも、
根拠に乏しいと感じるものはさほど重要視していません。


ノックの回数に根拠がないわけではありませんが、


歴史的背景をたどってみると、
古い英国の階級制度から生まれたものというのが、おそらく有力で

少なくとも 今の日本においては回数は重要ではないのでは、
(失礼のない常識的な回数で)

というのが私の個人的な考えです。


(どちらかというと叩く回数よりも、
”叩き方”のほうがよほど大事だと思っています。)


ノック回数マナーの記事をみて改めて思ったことは、



「自分で考えることの大切さ」


本に書いてあったから
TVでそう言っていたから
研修でそう言われたから


見聞きした情報を鵜呑みにして、
「ノック2回は失礼なのか」とすぐに思い込んでしまわずに、
少しでも調べてみたりすると自分なりの意見や考えが生まれます。


なんでもかんでも「くだらない」と一蹴しすぎるのも発展がないけれど

簡単に信じすぎるのも良くない。

自分なりの意見・考えを育てたいですね。


*~*~*~*~* ~*~*~*~*

今日は残りの人生で一番若い日♪

凛とした姿勢と温かい言葉で充実の一週間を!

所作で女性は変わる【 仁礼塾 】HP


★2018年までのメルマガバックナンバーは
こちらのブログで全て読めます。