• マンツーマンで【所作】を学ぶ。女性のための礼儀作法教室

資格の勉強、ダイエット、習い事、 整理整頓、日記や家計簿 etc…
習慣にしたいのにうまくいかない… ということがもしあれば、
今日の記事は参考になるかもしれません。

先日、ある生徒さんから 「 習慣の身につけ方」について
メールをいただきました。

彼女は、自宅でもコツコツ所作の稽古を続けていて、
めきめき変化していかれました。

(生徒さま向けの所作動画でお手本もやって下さっています)

彼女が「所作の稽古」をどのように日々の生活に取り込み
習慣化したのか、

その方法は、所作に限らず、勉強とかダイエットとか、
なにか習慣を身につけたい方にとって

きっとお役に立つと思いましたので ご本人の承諾を得て、
以下にメールの内容を ご紹介させていただきます。  

~*~メール引用ここから~*~

私の習慣の身につけ方について整理してみましたので、
勝手ながらご報告させていただけますでしょうか。

よろしければご覧くださいませ。

—–

①『身につけたい習慣をリストアップし毎日見るようにする』

【実際取り組んでいること】
”まいにち所作の稽古をする”とスマホのToDoリストに入力し毎日見る。

②『習慣が身に付いた自分をイメージする』

【実際取り組んでいること】
毎日所作を磨いているんだ、ということを 自信にして、
堂々と人前で振る舞っている自分をイメージする

③『期限を設定する』

【実際取り組んでいること】
次回のレッスンまでに、箸づかいをスムーズにできるようにする

④『1日の中のどのタイミングで行うかを決める』

【実際取り組んでいること】
朝ストレッチをした後に行う  

⑤『できない日を想定する』
気持ちが乗らない、時間がない、などそんな日でも
“最低限これだけはやる”、ということを決めておく。

【実際取り組んでいること】
鏡の前で姿勢を正して深呼吸を3回だけする。
→そうすると、もっとやりたくなることもある。

⑥『実行し、できたことを貯めていく』

【実際取り組んでいること】
手帳に、やった時間、気づきなど記録しておく。

⑦『軌道修正、改善する』
やってみて、これじゃ続かないな、と感じたら柔軟に変更する。

【実際取り組んでいること】
はじめは複数の所作を録画して、すべて見返していたが疲れてしまった。
→録画は1日1つだけにした。


※嫌になってしまわないように、

・できない日だってあるさと楽観的に。
・絶対毎日やる!にこだわらない。


身につけたい!という熱い気持ちがあるうちに
しっかり①~⑤の下準備をしておくことが大切だと感じました。

以上のようにやってみて、 私は習慣として所作の稽古をしているんだ、
理想通りできない日があっても、 “これだけはやった” と思えるようになりました。

今では、他に趣味や勉強、美容や健康に関する習慣なども
色々身についてきて楽しいです。

そして楽しんでいる自分が好きになっていきます。

~*~メール引用ここまで~*~


本当は、もっともっと詳しく書いてくださっていたのですが、
ポイントだけ抜粋・編集してご紹介しました。

彼女は以前、
『日々 所作の稽古を行っている、 そんな自分でありたいと思っているんです』
とおっしゃっていました。

今回メールをいただいて、彼女なりに様々な試行錯誤をして
今のやり方にたどり着いたのだと感じます。

もし忙しくて練習の時間が取れない方は、

毎日の夕食の時間だけは所作タイムにするとか、
電車を待っている時は姿勢をリセットする時間にするとか、

今ある習慣と組み合わせれば取り込めることもあると思います。

彼女が最後に書いてくれた、

色々身についてきて楽しいです。
そして楽しんでいる自分が好きになっていきます。

この言葉ほんとうに素敵です。

コツコツ続けることの意義は

結果として自分を好きになれること、
自分を認められるようになること、

だと思います。

時間がない、つい忘れてしまう、というのは皆同じ。

そこから一歩進めて、なにか工夫できないかな
時間を捻出できそうなときはないかな と自分なりに考えてみる。

今回の記事が、
自分なりに工夫する上で なにか少しでもヒントになったり、
刺激を受けたりして頂けたとしたら、
とても嬉しく思います。

*~*~*~*~* ~*~*~*~*

今日は残りの人生で一番若い日♪

凛とした姿勢と温かい言葉で充実の一週間を!

所作で女性は変わる【 仁礼塾 】HP

★2018年までのメルマガバックナンバーは こちらのブログで全て読めます。