• マンツーマンで【所作】を学ぶ。女性のための礼儀作法教室

    たとえば、

    ”初めて習った漢字を100回書く”

    という宿題が出たとします。

    もし最初にお手本を書き写したときに

    一画、間違っちゃっていたとして、

    それを100回練習したら、

    ”間違えた漢字” を完ぺきに覚えてしまいます。

     

    なので所作も、最初はとにかく

    ”丁寧に、正確に”

    覚えるようにしないといけません。

    (今、想像している”正確さ”の5倍丁寧にやります^ ^)

     

    で、正確に覚えたつもりで、

    家に帰って一人で真面目に練習して

    一か月後もう一度レッスンしてみると

    間違えて覚えちゃっていることが、本当に良くあります。

    せっかく練習したのに、すごく勿体ないですよね。

    もちろんその時点で修正すればいいのですが、

    余計な時間がかかってしまいます。

     

    なのでとにかく【最初】が肝心。

    正確に、一つ一つ丁寧に覚え込む。

    習い始めの時は、

    全ての稽古の中で、最も集中して、

    真剣に覚えようとしないといけません。

     

    そして覚えたものを

    体に沁み込ませるように

    なんども反復する。

     

    頭でいちいち考えなくても

    滑らかに体が動くようになるまで

    何度も何度も何度も繰り返す。

     

    前回のメルマガで、

    「基礎は土台」という話をしましたが

    土台づくりは【最初】にやること。

    最初にしっかり作っておけば、

    そこから先がすごく楽になります。

     

    だから、

    最初は焦らず、じっくり、

    曖昧さを残さないようにする。

     

    自分ではやっているつもりでも、

    意外とできていないこと第一位です☆

     

    *~*~*~*~* ~*~*~*~*

    今日は残りの人生で一番若い日♪

    凛とした姿勢と温かい言葉で充実の一週間を!

    所作で女性は変わる【 仁礼塾 】HP

    ★2018年までのメルマガバックナンバーは こちらのブログで全て読めます。

    ★2019年以降のバックナンバー一覧は、こちら からどうぞ。