• マンツーマンで【所作】を学ぶ。女性のための礼儀作法教室

    以前、イスの座り姿を説明した際

    「上虚下実」という言葉を
    ご紹介しました。

    (最近しつこい位この言葉を
    出しているのは、それだけ大事ってことです)

     

    実は、イスでこの感覚を得るのは
    なかなか難しいのですが

    姿勢も整いやすくて、
    「上虚下実」を実感しやすいのが

    「正座」です。

     

    正座はイスに比べると

    非常に骨盤を立てやすく

    上半身が安定しやすい座り方。

     

    もし今ご自宅にいらっしゃる方は、

    クッションを敷いてもいいので
    ちょっと正座をしてみてください。

     

    座ったら、

    まず丹田(下腹)を引き締め、
    腰をしっかりと立てます。

     

    お腹を引っ込めつつ、おへそを
    引き伸ばすイメージです。

     

    脚の付け根辺りに体重を
    乗せるようにすると骨盤が安定します。

     

    次に首をすっと上へ伸ばし、
    肩の力を抜きます。

     

    手は重ねずにそれぞれの両ももの上に
    指先を揃えて置きます。

     

    指先が揃っているかどうか、
    きちんと目で見て確認してください。

     

    上半身が整ったら、目線はまっすぐ
    5メートル先を見据えるように
    フラフラさせず一点を見定めます。

     

    そしてそのまま深い呼吸を三回ほど
    ゆっくり行います。

     

    姿勢、目線、呼吸、すべてが
    整った状態で、1分ほどキープ。

    キープしている間も、
    呼吸はゆっくりと。

     

    気持ちが落ち着き、
    集中力がグッと増します。

    簡単な瞑想のようなイメージです。

     

    正座で慣れてきたら、イスでも
    同じようにできるようになります。

     

    たった一分です。

    時間がない、なんて言わず
    ぜひ、ぜひ、やってみてください。

    きっと清々しい気持ちに
    なれると思います(^_^)

     

    *~*~*~*~* ~*~*~*~*

    今日は残りの人生で一番若い日♪

    凛とした姿勢と温かい言葉で充実の一週間を!

    所作で女性は変わる【 仁礼塾 】HP

    ★2018年までのメルマガバックナンバーは こちらのブログで全て読めます。

    ★2019年以降のバックナンバー一覧は、こちら からどうぞ。