• マンツーマンで【所作】を学ぶ。女性のための礼儀作法教室

    大辞泉によると、

    「礼儀」

    対人関係での気配りや敬意、慎み
    の気持ちにもとづく行動の規範

    とありました。

     

    シンプルに言えば、
    【相手を大事に思う気持ち】でしょうか。

     

    (1) 人ときちんと向き合いたい(気持ち)
    ⇒(2) ちゃんと挨拶する(行動)

     

    (1)相手の時間を奪いたくない(気持ち)
    ⇒(2)遅刻しないようにする(行動)

     

    (1)訪ねてきてくれて嬉しい(気持ち)
    ⇒(2)精一杯おもてなしする(行動)

     

    (1)相手を不快にしたくない(気持ち)
    ⇒(2)言葉を選んで話す(行動)

     

    (1)心地良い時間を過ごしたい(気持ち)
    ⇒(2)汚い食べ方をしない(行動)

     

    …などなど。

     

    (1)の礼儀の心が、
    (2)の具体的な行動の基になっている

     

    (1)の心がない場合、

    おざなりな挨拶で済ませたり、
    しょっちゅう遅刻したり、
    物を雑に扱ったり、
    良くない言葉を使ったり、

    ということになる。

     

    ちなみに、

    (2)の「行動の仕方」が『作法』です。

     

    すでに(1)の心があるのであれば、
    あとはそれを表現(行動)すればいいだけ。

    もしうまく表現できないのであれば、
    所作を学ぶといいです(^_^)

     

    問題は、

    そもそも(1)のような気持ちを
    持てない場合。

     

    (常に持てないわけではなく、
    Aさんには思いやれるのに
    Bさんには思いやれない
    とかもあるかもしれませんね)

     

    いずれにしても、

    (1)の気持ちがなければ、
    (2)の行動なんて起こるわけないので、

    まずは、そういう気持ちを持てる自分
    になる必要があるわけですが…

     

    そんなこと言ったって

    思えないものは思えないですよね。。

    …じゃあどうするか。

     

    気持ちが持てないなら、

    先に『行動』するしかないんですね。

    (2)の方からいくわけです。

    するとどうなるの?

     

    ちょっと長くなったので、
    つづきは次回に(^_^)

     

    *~*~*~*~* ~*~*~*~*

    今日は残りの人生で一番若い日♪

    凛とした姿勢と温かい言葉で充実の一週間を!

    所作で女性は変わる【 仁礼塾 】HP

    ★2018年までのメルマガバックナンバーは こちらのブログで全て読めます。

    ★2019年以降のバックナンバー一覧は、こちら からどうぞ。