VOL.502『コーヒーカップの置き方問題』

カフェや老舗の喫茶店、ホテルのラウンジなどに行った時のことを

思い出してみてください。

 

コーヒーカップのハンドル(取っ手)は、どちら向きで置かれますか?

おそらく、お店によってバラバラなんじゃないかと思います。

右向きだったり左向きだったり、

スプーンの位置も、手前だったり奥だったり。

ここには色々な考え方があります。

では、それぞれどのような意図があるのでしょうか。

 

(ちなみに、

左向きに置くのはイギリス式

右向きに置くのはアメリカ式

というのもありますが、今回はそれ以外で考えてみます)

 

◆取っ手を右に向ける場合

利き手を基準に考えます。

和・洋どちらも配膳では「右利き」が基準。

なので「右取っ手」はとても素直な考え方。

相手が左利きだとわかっているなら、

「左取っ手」で出してあげればいいですね。

 

◆取っ手を左に向ける場合。

老舗の喫茶店などでよく見かけます。

これは、砂糖やミルクを右手で混ぜる際、

左手を取っ手に添えると混ぜやすいという理由から。

混ぜ終わったらスプーンは奥に置き、

カップをくるっと回して取っ手を右に向けてから飲みます。

もし相手がブラックしか飲まない、と分かっているなら、

最初から「右取っ手」で出してあげればいいですね。

 

 

ちなみに、帝国ホテルでは、

「右取っ手&スプーンはカップの奥」

というスタイルで出されます。

理由は、良い豆を使った美味しいコーヒーだから、

基本はブラックで飲んでほしい(スプーンは使わないよね)

ということの表れだと聞きました。

 

なお、絵柄のあるカップの場合は

当然メインの絵柄が正面に来るように置きます。

(多くは「右取っ手」になるはずです)

 

というわけでまとめると、

・相手の利き手はどちらか

・ブラックか砂糖ミルクを使うか

・絵柄のあるカップかどうか

と言ったことを総合的に判断してどう置くか決めます。

 

とても小さなことですが、こういったことを考えるのも

おもてなしであり思いやりの表れ。

そんな相手の意図(思い)を丁寧に感じ取ろうとすることは、

おもてなしを受ける側の心ですね。

 

もし、あなたの家に友達やお客様が来たとして

コーヒーや紅茶を出すとしたら、どちら向きに出しますか?

あなたならどう考えますか?

 

*~*~*~*~* ~*~*~*~*

今日は残りの人生で一番若い日♪

凛とした姿勢と温かい言葉で充実の一週間を!

所作で女性は変わる【 仁礼塾 】HP

★バックナンバー一覧は、こちら からどうぞ。

★2018年以前のメルマガバックナンバーは こちらのブログで全て読めます。