• マンツーマンで【所作】を学ぶ。女性のための礼儀作法教室

    今日のテーマは、
    所作の基本に立ち返って

    座り姿【居ずまい】を整えます。

     

    美しく、かつ体に負担なく座るための

    ポイントを一つに絞るならば

    やはり「骨盤」です。

    骨盤を正しく立てる。

     

    骨盤が「前傾」すると反り腰になり、

    「後傾」すると猫背になります。

     

    「まっすぐ立てる」が基本ですが、

    骨盤がきちんと立っているかどうか

    簡単にチェックするポイントは、

     

    ◆坐骨がちゃんとイスに当たっている

    ◆ももの付け根が90度になっている

    ◆下腹の辺りが自然と軽く引き締まる

     

    イスに座ったら骨盤を揺らしてみて

    座面に当たる左右の骨が「坐骨」です。

    坐骨の先端がイスに当たってる状態で

    上半身をグイっと真上に引き上げると

    骨盤が立ちます。

     

    きちんと骨盤が立つと、

    頭の位置が定まる感覚があるはずです。

    お腹も自然と引き締まります。

     

    正しい姿勢は体への負担を軽減するものの、

    長い時間よい姿勢を保とうとすれば

    当然疲れてきます。

     

    なので私は小さなクッションをお尻の下に

    敷いて骨盤をサポートしています。

     

    また、長時間ノートPCを使っていると

    どうしても上体が前かがみになるので

    雑貨屋さんで木製の台を買ってきて

    その上にノートPCを乗せて、画面が

    目線の高さになるようにしています。

     

    さらにキーボードを外付けにして

    手前に置けば、肩が丸まるのを防げます。

    「姿勢よくいられる環境」を整えるのも

    すごく大事なことです。

     

    生徒さんが字を書いている姿を横から見ると、

    骨盤が傾き、背中が丸まり、首が落ちている、

    という方がとても多いです。

     

    何か作業をしている時の姿勢こそ

    しっかり意識してみてください。

     

    日本人は、世界20か国中で

    最も座っている時間が長い国民とのこと。

    座るときは正しい姿勢で、なるべく

    体に負担をかけないように座る。

    【美しい座り姿=体に良い座り方】です。

     

    「居ずまいを正す」という言葉には

    ・姿勢よく座る

    ・気持ちを改める

    この2つの意味があります。

    姿勢を正すことで、

    心と態度が改まります。

     

    姿勢は見た目の問題だけでなく、

    体にとって、心にとって、

    ひいては人生にとっても大事なこと。

    大げさじゃなく、本当にそう思っています。

    所作美人のキホンは、

    何をおいても【姿勢】です☆

     

    *~*~*~*~* ~*~*~*~*

    今日は残りの人生で一番若い日♪

    凛とした姿勢と温かい言葉で充実の一週間を!

    所作で女性は変わる【 仁礼塾 】HP

    ★2018年までのメルマガバックナンバーは こちらのブログで全て読めます。

    ★2019年以降のバックナンバー一覧は、こちら からどうぞ。